Home Top New Topics About JAM Sound Gallery Endorser Store Acaccesscess

の内入ります

[履歴]

2005年 ボニーの原型となる物を研究、デザイン、開発開始

2007年       
     ボニードラムジャパン スタート。
            交流の有る中国と台湾でパーツ製作し試作を開始。
2009年 南足柄に倉庫兼、工房を設立
2010年 BERRY & PLUM 2種類のドラムセットを一般リリース開始
2011年 エンドーサープロ契約のドラマーと活動開始
2012年 南足柄市新工房に移転。 JAM開発の為に開発拠点を台湾に移転。
2014年 JAMを発売開始 ショールーム&工房を南足柄市に設立

[コンセプト]

★ できるだけシンプルにエレガントに
★ 時代を選ばない物を創る
★ 現代とビンテージの融合
★ 芯の有る太く丸い音

[考え方]

ボニーのドラムセットは基本的に3点セットとしかございません。
スネアドラムも2種類しか作りません。※1
必要な物を必要なだけ絞り込んでおります。

音楽や芸術の原点。
常にシンプルから見えてくる物。
そこから生まれ時代を刻む音楽やアーティスト。
共存できたら幸せに感じます。

国内外の現代科学を水位する太鼓の研究はとても素晴らしいです。
ボニーが考えるドラムは、変わらない事。
ヨーロッパのスポーツカーのように歴史に左右されず
無駄に変わらない事をとても重要に考えています。
そして、日本人の下町工場の職人工場の心意気で
"感覚的に気持ちのよい音"をシンプルに作ります。

基本とする木材は
柔らか過ぎず固過ぎないUSAメイプル材をゼロ基準に。 
理想とする鳴りと響き方は、エッジの形状により成功と失敗の繰り返しにより開発。 
響きすぎず、枯れすぎず、太く丸く芯も有り、耳に痛くない音を探求。

16"のベースドラム、小口径と呼ばれるドラムを中心に製作しておりますが
このサイズは、BDが最低限必要な役割を得られるサイズと考えております。
小口径はストリートや小さなカフェでのコンパクトな演奏に「簡易的専用」として
サイドメニューとして用いられる場合が多いですが
音楽家の為に、音楽を創るためのツールとして本気で創った楽器です。
生涯供に過ごす存在となれば幸いです。

[JAMについて]

BERRYとPLUMの後継機

2014年 Bonneyは"JAM"シリーズをリリース致します。
"JAM"の由来はジャムセッション(Jam session)のジャムと
甘さと酸味最美味を自然から生み出せる果実のジャムから
遊び心も含めて名付けました。

サウンド

(太くて丸いBERRYの低音くて丸く芯の有る音、
ビンテージドラムのような気持ちのよいPLUM)
PLUMとBERRYの優れた部分を融合して頂きたいという皆様からの圧倒的に数多く頂いた
貴重なアドバイスを基にJAMとして生まれ変わりました。

カラーは2種類

Bonneyの地元土地柄「箱根細工の木組」をモチーフとしています。※2
これは様々な木材を小さく刻み組んでスライスし気が遠くなるような手間を掛けて
製作したテープ状の木組を、シェルの装飾として美しく埋め込み
ヨーロッパの高級家具等に用いられます。
◎ハニーグロス(クリア) 少し厚めのUV塗装は女性のグロスリップのように輝きます
◎アントブラック(ブラック) 高級感溢れる黒々した蟻のように逞しいフィニッシュ

[生産について]

2013年まで(BERRY&PLUM)は中国大陸6社分割で部品を作り上げて
日本で生産をして参りました。
しかし、政治的な動揺、将来性、信頼性の限界、更なる向上心により 2年前より
新たに工場に拠点を変更、台湾3社に移転JAMとして再スタートとします。 
また台湾側との生産意識と技術のネットワークを共有する事により
製作比率を台湾側に重点を置き生産性の向上と安定化と
高度な技術を持つ職人とボニードラムのコラボ
が実現でき
納期等、ご迷惑をお掛けしする事が大幅に改善できるようになりました。

 

※1:2014年現在
※2:インレイ

Top New Topics About JAM Sound Gallery Endorser Store Acaccesscess

Access Copyright © 2007~DESIGN BOX CO., LTD Bonney Drum Japan . All Rights Reserved.